2016.1.15 終わりの始まり。

著名なアーティストが亡くなった。

 

大好きなバンド、グループが解散をした。

 

一人のシンガーが活動を停止した。

 

よく行くお店が閉店した。

 

永遠なんてもんは無いし、もしあったらとしたら非常にえげつないもんだと思う。

しかし、やはり”終わり”は寂しいものである。その想いも慣れて、時間が経って、どうせ風化するのだが、そのとき感じた想いってのは大事なものであると私は思う。思いたい。

 

「終わりの始まり」

 

秀逸なコピー、至言とまでいかなくとも、確かにそうだよなぁと感じる。

何かが終わって、また新しい何かが生まれる。私達自身の細胞もそう。

ただ、それだけじゃダメなんだ。ただ、繰り返すだけじゃダメなんだ。

 

継承していかなければならない。

そして、伝えていかなければならない。

何のために?と考えるのは野暮ってもんだ。そういう風に出来てるんだ。

 

 

2015年から1年間。月曜表現という名前でやらせてもらったオープンマイク。

カレンダーカフェの移転に伴う閉店の関係で終了しました。

最後の最後まで、はちゃめちゃで様々な表現の色が混ざり合った良いイベントだったと思います。沢山の人にお世話になりました。一緒になって盛り上げてくれた方達には本当に感謝しております。とても大好きな場所・空間でした。そんな場所で、今日は私のワンマンライブをやらせて頂きます。言い換えれば、カレンダーカフェでの最後のライブです。

 

 

終わりはいつか訪れるもの。

カレンダーカフェに関しては、正直ちょっと早かったなぁと思います。

もっと沢山お世話になりたかった。寂しい気持ちがあります。

 

とはいえ、今回のワンマンライブで”今までの恩返し”をしようとか、そういう気持ちはありません。ただ、継承していくこと。カレンダーカフェと出会い、そこで得た経験、人脈、想い、表現を私自身が活動を続けていくことで繋げていく。それがまたどこかで、全然違った形で繋がっていけば良いのです。

 

今日のワンマンライブは自分にとって新たな出発点です。

 

でも、ライブ自体は”いつも通り”好き勝手にやらせて頂きますし、お客さんにも好き勝手愉しんでもらいたいです。一緒に呑んだくれましょう!